読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PHOTOコト.キャリア

おしごと・キャリアに効く!働く女子の写真講座

写真をビジネスに活かしたい人に!すてき写真の撮り方

今日もおつかれさまです。

kubosayoPHOTO(クボサヨフォト)です。

 

商品やサービスを

魅力的に伝えてくれる素敵な写真。

 

WEB発信が重要になっている今の時代

ビジネスを魅せる

すてき写真は必須ですよね。

 

表示3秒で読む読まない、

ページを見る見ないを

判断されているわけですから

その一瞬で、来てほしいお客さまに伝わる

雰囲気の良い写真が大事ってことです。

 

そんな雰囲気良しのステキ写真、

自分で撮っちゃいましょう!

てことで、

簡単に実践できるポイントをお伝えします。

 

 

1.光を活かす

自然光が写りこむ写真と

そうでない写真では

印象がガラッと変わります。

 

光を活かした写真↓

f:id:kubosayoPHOTO:20170421110449j:plain

 

 

光を活かせてない写真↓

f:id:kubosayoPHOTO:20170421110510j:plain

 

 

夕日や朝日の差し込む

ドラマチックな演出は

写真を素敵にしてくれます。

 

光がどこから当たるかを

考えながら撮るようにすると

良いですよ。

 

 

 2.奥行き感を活かす

 

メインの被写体と背景に

前後の距離差をつけて

奥行き感を表現すると

雰囲気のある写真になります。

 

写真館でも、昔と違って

スタジオ内に窓や階段の造形を作ったり

小物を被写体の前後に配置して

奥行き感にこだわるようになっています。

 

今っぽい素敵写真のポイントですね。

 

メインが人物の写真だけでなく

小物撮影、風景撮影も

奥行き感はポイントになります(´・ω・)

  

f:id:kubosayoPHOTO:20170421113534j:plain

 

 

 

f:id:kubosayoPHOTO:20170421113546j:plain

 

 

 

3.ボケを活かす

 

背景をぼかすことで主役が引き立ち

メリハリのある写真になります。

 

f:id:kubosayoPHOTO:20170421114519j:plain

 

ボケを変えるには

F値を自分で変更します!

 

F1.8など数が小さいほどよくボケて

F11など大きい数ほど

全体がくっきり写ります。

 

iPhone 7 Plusでは

ポートレートモード(被写界深度エフェクト)という

背景をぼかす機能が出ましたが

不自然になることもあるので

今のところ F値の変更できるカメラが

きれいに撮れて使いやすいですね。

 

ちなみに

レンズ交換ができないデジカメにも

F値を変更してボケを

自分でコントロールできる

機種もありますので

使い勝手や用途でカメラを選ぶと良いですね。

 

 今回は簡単にできる

すてき写真撮りのポイントを

お伝えしました(`・ω・´)

 ここまで読んでいただきありがとうございます♪

 

 

~自分らしい仕事で

イキイキ働きたい女性の

ビジネス写真ブランディングを~

 

PHOTOコト.キャリアでは

どんな写真を使って魅せていくかを

一緒に考える写真撮影を行っています。

PHOTOコト.キャリアで撮影すると・・・

 

ブログやホームページ作りに必要な写真がそろう

・写真を活かしたヘッダーでお客さまを呼びこめる

・ナチュラルきれいなプロフィール写真で魅力アップ
・届けたいお客さまに伝わるWEBサイトに変わる
・写真をSNSに投稿できるので宣伝にも効果的

 

詳細は下記HPをご覧ください。

撮影プラン - kubosayophoto ページ!

 

 ご相談・お問合せは下記からどうぞ。

問い合わせ - PHOTOコト.キャリア

 

 

働く女性のための写真講座をメールでお届け♪

 

自分らしい仕事で

イキイキと働きたい女性に役立つ

写真・カメラの情報と

写真講座のテキストを

無料でお届けしていきます。

ご登録は登録フォームよりお願いします。

 

初心者からプロまで!女性に最適なお仕事用カメラを考える3つのポイント

今日もおつかれさまです。

kubosayoPHOTO(クボサヨフォト)です。

 

会社の業務で撮影担当になったり、

ハンドメイドの作品を発表したり、

起業して自宅サロンを始めたり

ネットショップをオープンしたり・・・等々。

お仕事として写真を撮って

発信する機会って色々とありますよね。

 

今回は

カメラ初心者から

写真を仕事とするようになった自分の

カメラ&周辺アクセサリーを

揃える際の考え方について

お話していきます!

 

f:id:kubosayoPHOTO:20170413111157j:plain

 

 

 

 

そもそも・・・

カメラで撮る?

スマホで十分きれいじゃね?

お仕事カメラならやっぱ一眼レフ?

軽くておしゃれなミラーレスカメラ、

簡単に使えるコンデジって選択肢もあります。

 

お仕事で使うなら

レンズ交換ができる

デジタル一眼レフカメラをおすすめします。

 

この先、いろいろな撮影に対応できるからです!

 

f:id:kubosayoPHOTO:20170413111033j:plain

 

 

でもカメラの情報は

本当にいっぱいあるので

すべて追いかけるなんて不可能・・・。

 

プロカメラマンがおすすめするカメラも

お仕事の内容によってちがうので

これが絶対良い!というのはなく、

人それぞれなのです。

 

撮る写真、用途、環境も様々なので

絶対コレ!というのはないですね

(´・ω・`)

 

男性なら

大きくて重い機材が増えても

大丈夫ですが

女性だったら重さ問題は深刻!

 

(あと、男性はやたらいろんな機材を

使いたがる傾向があることに気づいた。笑)

 

 

女性のお仕事カメラの場合はどうでしょう?

カメラ選びに重視するのはこの2つ。

 

・極力軽くしたいけど、画質にはこだわりたい。

 

・動きの早い被写体もしっかり撮れなきゃ意味がない。

(物撮り、小物撮りだけの人はここはいらないが。) 

 

 

 

私が初めてデジタル一眼レフカメラを

買ったのは12年くらい前。

今で言うとNikon D3400あたりと同じカメラです。

最近まで使っていましたが、

軽くて画質もすっごくきれい。

小さめなので女性向きのカメラです。

 

その後、カメラの勉強をしていくと

・機能が少ないこと 

・動きの早い被写体を撮るには向かないこと

・このカメラでは子どもの撮影に限界があること

を知って

中級機クラスのデジタル一眼レフに

買い換えることになりました。

 

ちなみにこの時点では

お仕事用に一眼レフは使っていません。

 

 

はじめの頃って

自分がこの先どれだけ

写真を撮るかもわからないから

そこそこのお値段のカメラを買いますよね。

(ましてや仕事で使うことになる想像すらしていない)

 

最初からプロと同じ高額カメラを

買う人なんていないわけですが

ポイントとなる考え方は以下です。

 

携帯、スマホ、パソコンと同じ!

 

新機種が出たら新しい機能が

便利で魅力的に見えます。

 

時代が流れたら

何年も前のデジタル機器では

対応できない場面が多々訪れます!

 

 

ポイント1

買い替えが必要になることを頭に入れておく

 

数年経ったらあなたのお仕事環境も

考え方も必ず変わります。

その時に必要なカメラ、最適なカメラは

今とは違ってきます!

何十年先も使うことはないと考えておこう。

 

先にも述べましたが

カメラ本体はどんどん進化します。

発売直後のカメラに高いお金を払っても

どんどん値下がりする

=売りに出してもかなり安値になってしまう。

 

検討しているカメラがあったら

発売後に様子を見るのもおすすめです。

不具合が出たりもしますから。

 

 

ポイント2

交換レンズも買い替え、買い足しが必要になる

 

同じ画角でずっと同じ写真を撮ることはない。

人によっては望遠が必要になったり、

風景を広く写せる広角側が必要になったり、

画質を追求するために単焦点レンズが重要になったり。

 

カメラを持ち運ぶ環境も変わってきます。

 

特に女性は人生において

環境の変化が多いので

男性と同じ選び方は参考にならないのでは!

とさえ思っています。

 

また、写真に慣れてくると

はじめの頃はわからなかった

画質の良し悪しにも自然と気付くようになる。

何でも撮れる高倍率ズームレンズ(18-300mmなど)

では納得できなくなったりしますので。

 

 

ポイント3

カメラ、交換レンズはレンタルをしてみる

 

まずはレンタルするのもおすすめです。

 (高額なものは特に)

 

頻繁に借りる必要が出てきそうなら

そこで中古で購入するのも良いです。

 

レンタル代考えたらもったいないし、

最初から買っちゃったほうがいいのでは?

と思いますよね。(私は思ってました)

 

でも、使ってみると

想像してなかったことが出てきます。

 

思ったよりきれいに撮れないとか

重すぎて持ち歩けない、とか

もっと広く写せる広角レンズが欲しかった、とか。

 

自分との相性に気づきます( ゚Д゚)

(これ大事!)

 

ここでまたすぐ売るとなると

赤字になっちゃいますよね。

 

中古販売のショップで

働いていたことがあるので

安く買取って

いいお値段売ってるのね…( ゚Д゚)

という現実も目の当たりにしております。 

 

だからこそ

レンタルで使ってみてから

買うのも堅実ですよ。

 

 

それ以外にもストロボや三脚など

周辺アクセサリーたちも

揃えるようになってくるのですが

その話は別の記事で

まとめたいと思います(´・ω・)

 

 

ここまで読んでいただき

ありがとございました♪

 

 

 

 

~自分らしい仕事で

イキイキ働きたい女性の

ビジネス写真ブランディングを~

 

PHOTOコト.キャリアでは

どんな写真を使って魅せていくかを

一緒に考える写真撮影を行っています。

 

PHOTOコト.キャリアで撮影すると・・・

 

ブログやホームページ作りに必要な写真がそろう

・写真を活かしたヘッダーでお客さまを呼びこめる

・ナチュラルきれいなプロフィール写真で魅力アップ
・届けたいお客さまに伝わるWEBサイトに変わる
・写真をSNSに投稿できるので宣伝にも効果的

 

 撮影プランの詳細は

下記HPをご覧ください(´・ω・`)

撮影プラン - kubosayophoto ページ!

 

 

ご相談・お問合せは下記からどうぞ。

問い合わせ - PHOTOコト.キャリア

 

 

 

 

自分らしい仕事で

イキイキと働きたい女性に役立つ

写真・カメラの情報と

写真講座のテキストを

無料でお届けしていきます。

ご登録は登録フォームよりお願いします。

 

 

 

 

暗いシーンで動く子供・動物を撮るための2つのポイント

今日もおつかれさまです。

kubosayoPHOTO(クボサヨフォト)です。

 

 

泳げないけど陸より海が好き、

見るなら動物園より水族館!

というわけで、毎回カッコイイ演出にしびれる

イルカショーを撮ってきました。

 

f:id:kubosayoPHOTO:20170403080347j:plain

カマイルカたちのジャンプシーン!

 

 

f:id:kubosayoPHOTO:20170403080409j:plain

 

 

 一眼レフカメラで

動きまわるものを

思い通りに撮るのって

難しいですよね。。。

 

室内で走ったりあばれまわる

疲れ知らずのキッズを

撮ったことのある方なら

よくわかると思います!!

ペットもそうです。

 

超ブレるか、

写真がめっちゃ暗い( ゚Д゚)!

 

暗いシーンで

動く子供や動物を撮るポイントは

 

1.シャッタースピード

2.ISO感度(いそかんど)

 

この2つです!

 

 

背景をボカした撮影ができる

絞り優先モード(A、Av)だと

ブレて撮れないことがよくあります。

 

絞り優先モードは

F値を変えて

背景のぼかし具合を

コントロールしたり、

明るく撮れるようできる

便利な撮影モードです。

 

商品撮影や初心者向けにも

おすすめされています。

 

 絞り優先で撮っていて

ブレてしまうのは

シャッタースピードが遅いから。

 

(絞り優先モードにしている場合)

カメラ側は

暗いシーンだと

シャッタースピードを

遅くしようとします。

 

なので

動きものを撮るには

シャッタースピードを

自分で設定するとよいですよ!

 

シャッタースピードを

自分で設定するには

シャッタースピード優先モード(S)か

マニュアルモード(M)を使います。

 

今回の写真はシャッタースピードを

1/250で撮影していますが

動きまわるイルカたちは

ギリギリ撮れるくらいのスピードです。

 

もうひとつのポイントは

暗いシーンでは

ISO感度を上げること。

 

ISO感度の数字を大きくすると

暗いシーンでも

写せるようになりますが

以下の特徴があります。 

 

・ノイズがでる

・ディティールの描写が甘くなる

 

砂のようなざらざらした見た目の

ノイズが増えたり、

シャープさがなくなり

画像が荒い感じになったりします。

 

この関係があるので

自分のカメラで

画質的に問題ないISO感度は

いくつなのかを

把握しておくと良いですよ。

 

今回はISO1600で撮影しています。

ザラザラしたノイズは

ほとんど気になりません。

よしよし。

 

 

 

動きのある撮影も

思い通りに撮れるようになると

楽しいですよね(*´ω`*)♪

 

シャッタースピードとISO感度。

使ってみてくださいね~。

 

 

ここまで読んでいただき

ありがとうございました!!

 

 

 

~自分らしい仕事で

イキイキ働きたい女性の

ビジネス写真ブランディングを~

 

PHOTOコト.キャリアでは

どんな写真を使って魅せていくかを

一緒に考える写真撮影を行っています。

 

PHOTOコト.キャリアで撮影すると・・・

 

ブログやホームページ作りに必要な写真がそろう

・写真を活かしたヘッダーでお客さまを呼びこめる

・ナチュラルきれいなプロフィール写真で魅力アップ
・届けたいお客さまに伝わるWEBサイトに変わる
・SNSへの写真投稿OKなので宣伝にも効果的

 

 撮影プランの詳細は

下記HPをご覧ください(´・ω・`)

撮影プラン - kubosayophoto ページ!

 

 

ご相談・お問合せは下記からどうぞ。

問い合わせ - PHOTOコト.キャリア

 

 

 

 

自分らしい仕事で

イキイキと働きたい女性に役立つ

写真・カメラの情報と

写真講座のテキストを

無料でお届けしていきます。

ご登録は登録フォームよりお願いします。

 

 

 

 

 

 

悪用防止だけじゃない!写真へのコピーライト表記のメリットとは

今日もおつかれさまです。

kubosayoPHOTO(クボサヨフォト)です。

 

今回は写真に入れている

コピーライト(著作権)表記について

ビジュアル的なメリットデメリットの

解説をしていきます(・ω・)/

 

写真は撮影者に著作権がありますので

コピーライトの表記はなくても

法律的には問題ないのですが

悪意ある人の無断利用を

防止する目的だったり、

なにかトラブルがあった時に

権利を主張しやすいという点で

入れている方が多いですよね。

 

(著作物の定義は

「思想又は感情を創作的に表現したもの」

である必要がありますので、

例えば絵画をそのまま撮影した写真や

撮影者に創作的な意図のない

防犯カメラの写真等は著作権とは別。)

 

 

以前、自分が撮った写真が

あるWEBページで一部分のみ切り抜かれて

使われていたことがあるのですが

ええ・・・

これ絶対わたしの写真だよな・・・

勝手に使いやがって・・・と

モヤモヤと嫌な気持ちに

なった事があります(-"-)

 

メーカーで

商品の紹介ブログを書いていた頃も

写真を無断転用されることがあったので

当時は 対策として会社のロゴマークを

透かしで入れるようになりました。

 

 

悪用されるのを防ぐためにも

抑止力になるということで

入れるメリットがあるのですが、

それ以外にデザイン的な面でも

メリットデメリットがあると感じています。

 

 

<メリット>

表記をあえて長くすることでデザインとして活かせる

 

<デメリット>

どこに入れても作品のジャマをしてしまう場合もある

 

 

この上記2点の理由があるので

私のコピーライト表記は 写真ごとに

①文字色

②透かし具合

③サイズ

④表記する位置

も意図的に変えています。

 

 

こんな感じ↓↓

 

 

f:id:kubosayoPHOTO:20170329095657j:plain

 

 

 

f:id:kubosayoPHOTO:20170329093526j:plain

 

 

 

f:id:kubosayoPHOTO:20170329095410j:plain

 by  東京表参道フレンチシックなビーズ刺繍教室 

& beads tokyo 様 andbeadstokyo

 

 

 

・うすいグレー

・濃いグレー

・ホワイト

のフォント色を使い

写真の色とテイストによって変えています。

 

きらきらした光の質感に合わせて

文字の下にふんわり白を引くことも。

f:id:kubosayoPHOTO:20170329095105j:plain

 

 

 

 

写真のコピーライトついては

作品のジャマになるので

写真の外に表記する方もいますが

ビジネスに写真をうまく使って

共感してくれるファンを増やしたい!

イメージアップにつなげたい!

という方には

フォントや色味での演出も役立ちます。

 

 

次回以降、

私が普段やっている

コピーライトの入れ方も

別の記事でご紹介したいと思います

(´・ω・`)

 

 

ここまで読んでいただき

ありがとうございました!!

 

 

 

~自分らしい仕事で

イキイキ働きたい女性の

ビジネス写真ブランディングを~

 

PHOTOコト.キャリアでは

どんな写真を使って魅せていくかを

一緒に考えていける写真撮影サービスです。

 

 

 撮影プランの詳細は

下記HPをご覧ください(´・ω・`)

撮影プラン - kubosayophoto ページ!

 

 

ご相談・お問合せは下記からどうぞ。

問い合わせ - PHOTOコト.キャリア

 

 

 

 

自分らしい仕事で

イキイキと働きたい女性に役立つ

写真・カメラの情報と

写真講座のテキストを

無料でお届けしていきます。

ご登録は下記フォームよりお願いします。

 

 

 

 

 

春のおでかけ撮影とカメラ選びのワンポイント

今日もおつかれさまです。

kubosayoPHOTO(クボサヨフォト)です。

 

 

見慣れた住宅街風景に飽き飽きし、

狭い空ばかりの生活圏に

テンションはだだ下がり、

「写真映えするとこに行きたいんだよー

あたしはー(´;ω;`)」

と、自然の多い場所が恋しくなります。

 

長い時間かけての遠出じゃなくて

30分~1時間くらいで

さくっと疲れもなく行ける距離で

写真映えしそうな場所を探しまして。

 

桜の満開はまだなので

今関東で撮るなら菜の花だな!ってことで

菜の花畑のある運動公園へゴー!!

 

 

きいろの世界が広がります(*´ω`*)

f:id:kubosayoPHOTO:20170326110255j:plain

 

これこれ、こういうのが求めてたやつ!

 

 

ですが!

遠くに見える枯れ木色とか

人工物とか、地面の枯草とか

菜の花のあたたかい雰囲気に似合わない

微妙な物も多いので

写りこまない位置を探して撮影!

 

 

いつも撮影しているのとは

違うカメラで撮ったのですが

かなり色の出方にクセがありました。

緑や青の色が濃い。

透明感が出しにくい。。。

 

 

カメラメーカーの説明文句に

画像処理エンジンが向上

うんちゃらかんちゃら…とか

あるのですが

新しく発売される機種ほど

絵づくりの部分が

改良されているということなんですね。

 

こういうことか!と

数年前に発売されたデジタル一眼で

撮ってみて改めて実感。

 

これからカメラを買う方は

新しい機種の方が

機能や絵づくりの部分が

向上されているのでおすすめです。

まれに新機種に不具合が

出たりすることもあるので

レビューをよく調べて

様子を見てから買うのもいいですよ。

 

いつも通り、

PCで現像するつもりでいたのですが

RAWで撮っていなかったという設定ミスΣ(゚д゚lll)

 

カメラは自分の機種での操作慣れも大事です(;´・ω・)

(自戒も込めて・・・)

 

 

RAWなしのJPEG撮影のみだったので

白トビしてる部分は戻りませんが

クセのある濃い色味は修正できました。

AdobeLightroomで仕上げています。

 

f:id:kubosayoPHOTO:20170326103146j:plain

 

お花のきれいな季節です。

花粉は飛ぶけどたのしくうきうき過ごしましょ!

 

ではまた!

 

 

 

 自分らしい仕事で

イキイキと働きたい女性に役立つ

写真・カメラの情報と

写真講座のテキストを

無料でお届けしていきます。

ご登録は下記フォームよりお願いします。