読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働く女子の写真講座PHOTOコト.キャリア

転職キャリアに効く!働く女性の写真術&カメラのブログ

春休み子ども映画からも写真に役立つ学びがあったよーという話。

今日もおつかれさまです。

kubosayoPHOTO(クボサヨフォト)です。

 

毎年観に行っている映画ドラえもん。

子供の頃から好きですよ。

もちろん。

 

でも本当なら

実写で字幕の大人な映画が

見たいんだよーわたしはー(´Д` )

と思いながらも

なにか使えることを探してみようと

考えて観ることに。

 

最近わたしが

実践しているのは

テレビドラマもアニメも

構図を意識して見るという事です。

 

f:id:kubosayoPHOTO:20170323092151j:plain

 

 

 

 

これまではずっと

ストーリーが面白いか否か

好きな話かそうじゃないか

という視点でのみ見ていましたが

写真や絵画じゃなくても

構図が効果的に働いてるんじゃー

ないかしら、と思い立ち

主役と背景の関係、

カメラワークを意識して見ています。

 

毎年観ていたドラえもんですが

目ん玉開いてよくよく見てみたら

いつものあの空き地での風景・・・

朝と夕方の太陽の光と色味と影が

しっかり計算されて

描かれていたことに

初めて気づきました!

 

す、すご!

夕焼けと朝の光がこんなにも忠実に!

色温度もちゃんとちがうー。

夕焼けの光と影。

朝早い時間の光と影。

だから背景も美しいのかー!と

これまでなんとなーく

見ていたアニメの映像に驚きました。

 

見ているようで見ていない

スコトーマですね。

意識しないと見えないんですねえ。

 

キャラクターの動きと

シーンごとの構図も

気をつけて見ていると

写真での活かし方にも使える

学びがたくさんです。

 

他の方の映画レビューでも

背景きれいってコメントが

書かれていますが

南極のシーンも美しいですよー。

 

f:id:kubosayoPHOTO:20170323091521j:plain

こちらは無料ダウンロードできる壁紙。

 

 

途中からは

意識して見ることの

集中力に限界がきたため

後半はお話メインにゆるく見ました。笑 

 

 

この構図に集中して見る方法と

光の活かし方や色味を見るのって

他でも役立ちますね。

 

例えば、自分からは見ないけど

お付き合いで見なきゃ行けない

映画とかドラマとかも、

色の使い方だったり

光の活かし方や

主役の位置と背景の関係なんかを

意識して見ると

好きじゃないジャンルの作品でも

楽しめるかもしれません!

 

基本的に

SFファンタジーしか見ない、

初デートにホラー映画を選んだ

頭のおかしい私でも

女子っぽい恋愛映画が

楽しめるかもしれません。笑

 

意識して見る。

疲れない程度にやっていきましょー。

 

ここまで読んでいただき

ありがとうございました!!

 

 

 

 

 自分らしい仕事で

イキイキと働きたい女性に役立つ

写真・カメラの情報と

写真講座のテキストを

無料でお届けしていきます。

ご登録は下記フォームよりお願いします。

 

 

 

 

 

 

女性ビジネスはストーリーを感じさせるイメージカットで魅せる!

 

 

今日もおつかれさまです。

フォトグラファーの

kubosayoPHOTO(クボサヨフォト)です。

 

 

今回は個人でビジネスをはじめる方に

前職の企画マーケティングの経験を絡めて

写真での魅せ方についてお話していきます(・ω・)/

 

 

この数年で、

個人でも商品をつくって販売することが

簡単に出来るようになりましたね。

 

新たなサービスを考えて

それを商品にビジネスを立上げる人、

個人事業家さんも増えています。

 

商品を販売するのに写真は重要!と

どこでも言われているし

消費者目線で考えても、フムフム納得。

 

ネットショップ向けの

商品写真講座は

たーくさんありますが・・・

ビジネスに必要なのは

商品写真だけではないですよね。

 

じゃあ、どんな写真が良いのか?

その写真、どう使ったら効果的なの?

お客さまの心に訴えかけるには???

 

という、マーケティング目線から

写真を考えていきますねー。

 

ネットショップの方は

商品写真と使用イメージカット

どちらも必要ですね。

 

物があふれかえり、

競合も増えている現在、

教科書通りにキレイに撮影された

商品写真(プロダクトカット)だけでは

たくさんのショップの中で

埋もれてしまいます。

 

おうちサロンなどを開業して

サービスを商品にするビジネスの方や

得意なことを教えて

講座やワークショップをする講師業の方には

商品写真はないですが・・・

 

じゃあどんなものが必要かというと

その内容がしっかり伝わる写真、

イメージカットが必要です。

 

内容が伝われば良いだけでなく

空気感が大事!!

 

そこに存在するストーリーが

写真から視覚的に

感じられることが重要です。

 

講師だったらプロフィール写真が

一番大事なんじゃないの?

デキる女風に。

しかも美人度3割増しくらいで。笑

なんて声が聞こえてきそうですが・・・

 

プロフィールとイメージカットは

あなたのお仕事の

ストーリーと空気感が伝わる写真に

することを心がけましょう!

 

例えば、ビーズ刺繍作家で

講師業をされている方なら

出来上がった作品だけを

商品写真のようにきっちり撮るのではなく、

刺繍枠に入れて作っている途中の写真。

そこには使い込まれた道具も写っています。

 

作っている時の真剣な表情の写真。

職人気質のカッコ良さも伝える手元の写真。

 

生徒さんに笑顔で教えている様子の写真。

作品どアップの部分写真、

引いて全体を広く写している写真

などなど。

 

イメージカットで魅せることで

文章で長々とお伝えしなくても

一瞬でストーリーを感じることができます。

 

 

f:id:kubosayoPHOTO:20170320091603j:plain

f:id:kubosayoPHOTO:20170320091611j:plain

f:id:kubosayoPHOTO:20170320091616j:plain

by東京表参道フレンチシックなビーズ刺繍教室

& beads tokyo 様 andbeadstokyo

 

 

プロフィール写真は

その方のキャラクターと

親しみやすさが伝わることが大切です。

 

怖そうな顔の暗めな写真を見て

その人のところに習いに

行こうとは思わないですよね。。。

施術受けようか不安になりますよね。。。

 

明るく親しみやすいことは

どんなビジネスにも大切です。

 

また、服装もキャラクターを印象づげます。

 

顔色が悪く写る黒系の服は

避けた方が良いですが

お気に入りの服を着て

撮影することをおススメします。

 

何年か使っていくことになる

プロフィール写真なので

自分らしくない写真だと

なんだかモヤモヤしたまま載せることになります。

 

気に入った写真で

自信を持って使うことで

ビジネスへの気持ちもあがりますので

ぜひお気に入りの服で撮っていきましょう。

 

もちろんビジネス用なので清潔感は忘れずに!!

 

 

 

ビジネスの写真といっても

商品やサービスの内容によっても様々ですね。

 

いざ自分のビジネスに置き換えてみたら

なにが良いのか、わからなくなりがちです。

 

どんな写真を使って魅せていくかを

一緒に考えながらつくっていけるのが

写真撮影サービスの

PHOTOコト.キャリアです。

 

自分らしい仕事で

イキイキ働きたい女性の

ビジネス写真ブランディングを。

 

 

ここまで読んでいただき

ありがとうございます(^ ^)

 

 

 撮影プランの詳細は下記HPをご覧ください(´・ω・`)

撮影プラン - kubosayophoto ページ!

 

 

ご相談・お問合せは下記からどうぞ。

問い合わせ - PHOTOコト.キャリア

 

 

 

ではまた!

 

 

 

 

 

 自分らしい仕事で

イキイキと働きたい女性に役立つ

写真・カメラの情報と

写真講座のテキストを

無料でお届けしていきます。

ご登録は下記フォームよりお願いします。

 

 

商品力アップの透明感キラリ写真~天然石ジュエリー編~

今日もおつかれさまです。

kubosayoPHOTO(クボサヨフォト)です。

 

 

今回は透明感のある

ビーズや天然石写真のお話です。

 

f:id:kubosayoPHOTO:20170315105404j:plain

 

 

 

キラキラ輝く宝石の写真や

テレビショッピングのジュエリー映像。

 

くるくる回転するダイヤの指輪に

光があたってめっちゃ輝いて・・・

高級感ハンパないですよね。

 

ものすごく購買欲をそそる映像ですが

あの背景黒バックな

演出感満載のダイヤとはちがって

もっとナチュラル寄りに!

アクセサリーの自然な透明感を伝えたい。

 

 

ということで

目指せナチュラル透明感。

(女性ならお肌にも気になるフレーズ…)

 

 

撮影はデジタル一眼レフ。

ポイントにしたのは撮影時の光のあて方です。

 

自然光の入る室内に

白のレースカーテンを引いて

強い直射日光にならないように。

 

そしてネックレスの

後方(写真だと右後ろ)から

ストロボの光を使っています。

 

これにより

一番きらっと感を伝えたかった

中央の天然石が光って輝いています。

 

 

f:id:kubosayoPHOTO:20170315112346j:plain

 

 

それにしても・・・

細かいジュエリー、アクセサリーって

まず形を整えて撮影をするだけでも

手間取って一苦労ですよね(;´・ω・)

 

チェーンのラインが

きれいに出ないとか、

細かいビーズパーツが

正面向いてくれなかったり。

 

そこは根気よく

コツコツやっていくところかな。。

 

アクセ撮りの方

一緒にがんばりましょう。笑

 

トルソー使えば固定されるし

わりとラクなんでしょうが

背景を含めて

ひとつひとつの商品に

世界観をつけたいので

奥行き感があるように撮ってます。

 

今日は天然石ネックレスの

きらっと感についてでした!

 

ではまた(´・ω・`)

 

 

 

 

自分らしい仕事で

イキイキと働きたい女性に役立つ

写真・カメラの情報と

写真講座のテキストを

無料でお届けしていきます。

ご登録は下記フォームよりお願いします。

 

 

 

 

春待ちて**桜をドラマチックに撮ってみよう

 

 

今日もおつかれさまです。

kubosayoPHOTO(クボサヨフォト)です。

 

春ですね♪

関東の桜も今月後半には開花しますね。

 

伊豆河津桜の映像をよくテレビで見かけては

うおー撮りに行きたい―――!!と

うずうずしています。

 

 

今回はまだまだ寒い時期に撮影した

桜のつぼみ写真(´・ω・`)

 

 

f:id:kubosayoPHOTO:20170314083707j:plain

 

まだ華のない

ただの枝をどう撮るか・・・

 

夕やけの光と情景をからめて

枝はシルエットに。

 

景色のどの部分を入れるか

光のきらきらをどう入れるか

を感じながらパシャパシャ。

 

春待ちて・・・です。

(この日はめっちゃ寒かったな。。)

 

今年の東京の桜開花予想は

3/24だそうですよ(^^)

 

毎年、開花後の週末にでも

見に行こーと

軽く考えているので

満開時期を逃したり

ざんねんな天気に見舞われたりしがち。

 

今年の桜は去年より

ドラマチックに撮ってやる!と

意気込んでいるので

いい時期を逃さず

見にいこうと思います(`・ω・´)

 

こちらは3年前の桜↓

f:id:kubosayoPHOTO:20170314090045j:plain

 

 

 

ではまたー!

 

 

 

自分らしい仕事で

イキイキと働きたい女性に役立つ

写真・カメラの情報と

写真講座のテキストを

無料でお届けしていきます。

ご登録は下記フォームよりお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

撮影の後に好みの世界観写真を作りこむ方法

今日もおつかれさまです。

kubosayoPHOTO(クボサヨフォト)です。

 

遠くに行かなくても

身近なところから

日常とはちょっとちがう世界観をつくりたい。

 

自分好みのデザインも

美しい世界にも

作り込んでいけるのが写真のイイところです。

 

「好き」がいっぱいだと

テンションあがりますでしょ。

 

「好き」なものを見てると

疲れたココロも

元気になっていきますでしょ。

 

今回は数ヶ月前に撮影してたけど

なんかしっくりこなかった

眠らせ写真さんたちにフォーカス。

 

現像仕上げで調整したら

あら、好みのイメージに変わりました♪

ってことで紹介していきます。

 

 

f:id:kubosayoPHOTO:20170312092231j:plain

 

f:id:kubosayoPHOTO:20170312092245j:plain

f:id:kubosayoPHOTO:20170312092155j:plain

 

 

電球色のイルミネーションが

とってもきれいだった遊園地。

装飾のお花とイルミネーションの光を

入れて撮影。

 

この時点で一眼レフの設定も

変えて撮っていますが

PCで開いたら

見ていたイメージとなんかちがう・・・。

黄みが強い、濃い、イマイチ(´・ω・`)

 

元写真↓

f:id:kubosayoPHOTO:20170312092301j:plain

 

 

そこで色味の調整をしていきます。

 

わたしは普段

アドビLightroomで現像しています。

 

この写真でまずポイントになるのは

彩度の調整。

濃い、強い印象を消したいので

彩度を下げました。

 

そこからシャドウ(暗い部分)を

明るく持ちあげてやります。

 

カメラで明るさの調整をするには

Nikonだと

アクティブDライティングという

機能が優秀です。

 

ふんわり明るめに撮りたい時など

この機能を強めに設定すると

イメージに近づきます。

 

が、しかし!

Lightroomにデータを取り込むと

この機能での調整が

反映されません。。。

明るかった部分も暗~くなってます。

 

なので、カメラで撮影したままの

JPEG画像と見比べて

調整したりもします。

 

話を戻しまして・・・

今回の調整項目をまとめるとこうです。

1.彩度を下げる

2.シャドウを上げる(明るくする)

3.コントラストを下げる

4.赤、ピンク、紫系の色を濃くする

5.さらに全体を明るくする

6.明瞭度を下げる(ふわっとなる効果)

 

この微調整を繰り返しながら

好みのイメージをつくりこんでいきます。

 

現実世界をそのまま切り取った写真よりも

こういう方が好み( *´艸`)

 

お気に入りに仕上がった際には

むふむふ言いながら

ひとり楽しむことができます。笑

 

完成形↓

f:id:kubosayoPHOTO:20170312155138j:plain

 

イメージ画像として

WEBなどでも活躍する写真になりますね。

 

 

 

 

ではまた!!

 

 

 

自分らしい仕事で

イキイキと働きたい女性に役立つ

写真・カメラの情報と

写真講座のテキストを

無料でお届けしていきます。

ご登録は下記フォームよりお願いします。