読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PHOTOコト.キャリア

おしごと・キャリアに効く!働く女子の写真講座

七五三写真を120%楽しむ方法 3 ~ママによる撮り方のコツ~

今日もお疲れさまです。

働く母歴7年目、

一眼レフカメラ歴11年目の

kubosayoPHOTOです。

 

毎日忙しくて、

時間も心の余裕もなく

走り続けている働くママたちへ

《時短・楽々・ゆるハッピー≫

をモットーに

写真力がアップする話を

書いていきたいと思います。

 

 七五三写真を120%楽しむ方法3回目は

カメラ好きママが撮影する場合の

七五三当日の上手な撮り方のコツを紹介します。

 

※夏の今、なぜ七五三写真かというと

スタジオ撮影のキャンペーンが始まっているからです!

kubosayophoto.hatenablog.com

 

【内容】

1.着付け後からシャッターチャンスは逃さない♪

2.簡単おすすめ設定

 

 f:id:kubosayoPHOTO:20160728104442j:plain

 

七五三のお参り日。

早割りで事前撮影していたスタジオで

着付け&ヘアメイクをしてもらいました。

 

撮影とは別の着物&ヘアアレンジを選んだので

この日の我が子も新鮮で、あら可愛い ♪

 

スタジオ内ではカメラ撮影禁止なので

一歩出たら、シャッターチャンスはもう始まっています。

カメラ好きママの勝負日です。

 

子ども撮影のポイントは

シャッターチャンスを粘って待つ

が大事です!

 

黒くてゴツイ一眼レフで

ずっと狙ってるわけですね。

必死ですね。笑

 

子連れママさんでよく見かけるのは

やっぱりミラーレスですよね。

 

軽くてコンパクトで

撮れる写真の幅も広がるので

ぜひレンズ交換を前提に

調べて購入すると良いですよ。

 

最近は

背景をきれいにぼかして撮れる

明るい単焦点レンズキットでも

出ていますね。

開放F値1.8のレンズは

雰囲気のある写真を

手軽に撮れるので おすすめです。

 

 

さてさて、

着物姿の子どもが

機嫌良くいられる時間は短いです!

 

帯がだんだん苦しくなって

着崩れないために姿勢も限定されるので

後半になるほど良い表情は期待できません。。。

 

笑顔でいられる前半戦を

逃さず撮っていきましょう!

 

背景になるべく人や物が

入らない場所を狙って撮ります。

 背景をすっきりさせる を意識するだけで

写真はぐぐーーんと良くなります。

 

一眼レフカメラ

人物1人をメインで撮るような

ポートレート撮影の時は

絞り値(F値)を小さい数字にします。

 

【簡単おすすめ設定】

・絞り優先モード(A、Av)

・F2.8~F3.2

F値が小さく出来ない場合は、

ズームを望遠側にした時のF値を小さい数字に設定します)

ISO感度:オート

・画質モード:RAW+FINE

(またはRAW+BASIC)

 ・ピントは手前の目に合わせるように!

 

 理論の解説が入ると、ややこしいしので簡潔に書いてみました。

 

※とにかくRAWデータで保存しておくのがおすすめです。

容量はくってしまいますが

写真にハマってきたら、後々絶対使えます。

 

RAWデータ現像ソフトというものを

まだPCに入れてない場合は、

FINEJPEGで一番画質が良い。CanonはL FINE)が

PCで見られる&プリント出来るデータになります。

 

BASIC(CanonはS)は圧縮率が高く

プリント時の拡大画質的に厳しいので

RAWメインの方の

画像確認用として使うのが良いです。

 

また、F値を小さくするほど

背景がボケていい感じの写真になるのですが、

開放(小さい数字のF値)で撮るほど

ピントを合わせるのが難しくなります!

 

写真を後から ぼかす事はできますが

ピンぼけの失敗は

直すことは出来ませんΣ(゚д゚lll)

 開放にしすぎず F2.8以上がおすすめです。

 

 一眼レフをはじめた頃は、

わたしも F値やら フルサイズ換算〇mmだの・・・

なんのこっちゃわからず

なかなか覚えられませんでした。 

(ようやく覚えたのは本気で写真をやろう!と決心してから)

 

 難しいことは覚えずに

時短簡単な写真力アップの話を

次回も紹介していきます(/・ω・)/

 

七五三写真の撮り方、まだつづきます~。