Nanairo Photo Salon

女性のための いろどり写真とカメラ話 -なないろふぉとサロンー

暗い場所で動く子供や動物を撮る時の2つのポイント~一眼レフカメラの使い方~

今日もおつかれさまです。

kubosayoPHOTO(クボサヨフォト)です。

 

 

泳げないけど陸より海が好き、

見るなら動物園より水族館!

というわけで、毎回カッコイイ演出にしびれる

イルカショーを撮ってきました。

 

f:id:kubosayoPHOTO:20170403080347j:plain

カマイルカたちのジャンプシーン!

 

 

f:id:kubosayoPHOTO:20170403080409j:plain

 

 

 一眼レフカメラで

動きまわるものを

思い通りに撮るのって

難しいですよね。。。

 

室内で走ったりあばれまわる

疲れ知らずのキッズを

撮ったことのある方なら

よくわかると思います!!

ペットもそうです。

 

超ブレるか、

写真がめっちゃ暗い( ゚Д゚)!

 

暗いシーンで

動く子供や動物を撮るポイントは

 

1.シャッタースピード

2.ISO感度(いそかんど)

 

この2つです!

 

 

背景をボカした撮影ができる

絞り優先モード(A、Av)だと

ブレて撮れないことがよくあります。

 

絞り優先モードは

F値を変えて

背景のぼかし具合を

コントロールしたり、

明るく撮れるようできる

便利な撮影モードです。

 

商品撮影や初心者向けにも

おすすめされています。

 

 絞り優先で撮っていて

ブレてしまうのは

シャッタースピードが遅いから。

 

(絞り優先モードにしている場合)

カメラ側は

暗いシーンだと

シャッタースピードを

遅くしようとします。

 

なので

動きものを撮るには

シャッタースピードを

自分で設定するとよいですよ!

 

シャッタースピードを

自分で設定するには

シャッタースピード優先モード(S)か

マニュアルモード(M)を使います。

 

今回の写真はシャッタースピードを

1/250で撮影していますが

動きまわるイルカたちは

ギリギリ撮れるくらいのスピードです。

 

もうひとつのポイントは

暗いシーンでは

ISO感度を上げること。

 

ISO感度の数字を大きくすると

暗いシーンでも

写せるようになりますが

以下の特徴があります。 

 

・ノイズがでる

・ディティールの描写が甘くなる

 

砂のようなざらざらした見た目の

ノイズが増えたり、

シャープさがなくなり

画像が荒い感じになったりします。

 

この関係があるので

自分のカメラで

画質的に問題ないISO感度は

いくつなのかを

把握しておくと良いですよ。

 

今回はISO1600で撮影しています。

ザラザラしたノイズは

ほとんど気になりません。

よしよし。

 

 

 

動きのある撮影も

思い通りに撮れるようになると

楽しいですよね(*´ω`*)♪

 

シャッタースピードとISO感度。

使ってみてくださいね~。

 

 

ここまで読んでいただき

ありがとうございました!!

 

 

 

~自分らしい仕事で

イキイキ働きたい女性の

ビジネス写真ブランディングを~

 

PHOTOコト.キャリアでは

どんな写真を使って魅せていくかを

一緒に考える写真撮影を行っています。

 

PHOTOコト.キャリアで撮影すると・・・

 

ブログやホームページ作りに必要な写真がそろう

・写真を活かしたヘッダーでお客さまを呼びこめる

・ナチュラルきれいなプロフィール写真で魅力アップ
・届けたいお客さまに伝わるWEBサイトに変わる
・SNSへの写真投稿OKなので宣伝にも効果的

 

 撮影プランの詳細は

下記HPをご覧ください(´・ω・`)

撮影プラン - kubosayophoto ページ!

 

 

ご相談・お問合せは下記からどうぞ。

問い合わせ - PHOTOコト.キャリア

 

 

 

 

自分らしい仕事で

イキイキと働きたい女性に役立つ

写真・カメラの情報と

写真講座のテキストを

無料でお届けしていきます。

ご登録は登録フォームよりお願いします。