なないろふぉとサロン

Nanairo Photo Salon *いろどり写真とカメラのおはなし*

赤ちゃん写真で 自然な良い表情 を撮るコツ

今日もおつかれさまです。

フォトグラファーの

さよ(kubosayoPHOTO)です。

 

ベビーフォトスタジオのカメラマン と 自宅出張撮影、

女性向けビジネスの

広告イメージフォトを撮っています(^^)

 

赤ちゃんが生まれたのをきっかけに

写真を撮るようになったけど

あんまり上手に撮れない・・・

もっと素敵でかわいい写真が撮りたい!

というママさんに。

 

今回は赤ちゃんの

自然な良い表情を引き出す

撮影時のコツをお伝えします♪

 

 

f:id:kubosayoPHOTO:20180925133829j:plain

 

最近はカメラの機能が

年々進化しているので、

設定はある程度カメラ任せでも

失敗のないきれいな写真が撮れるように

なってきてますよね。

 

昔買ったデジタル一眼レフ時代からは

考えられないくらい簡単に!

親切になってる!!

うらやましい限りです( ;∀;)

 

画質も上がっているので

こどもの成長を記録する目的で

カメラを買う方には

新しい機種を買うことをおすすめします。

 

f:id:kubosayoPHOTO:20170519175639j:plain

 

 

以前に比べて撮りやすくなりましたが

こども写真の印象を左右するのは

やっぱり表情!

 

よい表情の写真を残したいものですね。

 

 

 

だいたい3ヵ月頃から

赤ちゃんの表情は豊かになってきて

よく笑うようになります。

↑ もちろん個人差があるので参考までに(^^)

 

 f:id:kubosayoPHOTO:20180925134325j:plain

 

撮影の時のポイント

まず、赤ちゃんと遊んであやすこと

 

ねんねの赤ちゃんでも

たっちができる赤ちゃんでも

このポイントは一緒です(^^)

 

その子によって

笑顔になるツボ、

好きなことがあるので

それをしてあげて

表情をやわらげてあげます。

 

リラックスして

楽しそうになってきたところで

撮影をはじめましょう♪

 

カメラを構えつつ

笑顔で目線を合わせて

赤ちゃんに話しかけながら

サッと一瞬で、ピントを合わせて撮ります。

 

この素早さ、撮影のコツです!笑

 

ずっとカメラを構えたまま、

じーっと狙いつづけると

ぐずってしまうので

声をかけながら

笑顔であやしながらが

良い表情を引き出すポイントです!

 

 

ちなみに自分の子が

赤ちゃんだった頃は

赤ちゃんの扱いに不慣れな

新米ママだったので

お世話が大変だった記憶ばかり(^^;)

 

もっと笑わせ方を知ってたら

子育てがラクで楽しかったのか~!

と今になって気づく残念な母です。苦笑

(娘よ、すまん!)

 

 

今回は、

赤ちゃんの

自然な良い表情を引き出す

撮影時のコツをお伝えしました。

 

ここまで読んでいただき、

ありがとうございます!

 

なないろふぉとサロンの

いろどり写真が

どうぞ、たくさんの人の

幸せにつながりますように。

 

 

読者登録&ランキング

ぽちっとしていただけると

励みになります(/・ω・)/

 

 にほんブログ村 写真ブログ カメラ女子(女性初心者)へ

 

 

 

わたくし、さよkubosayoPHOTOは

ベビーフォトスタジオのカメラマンと

こんな活動をしています↓

 

お問合せはお気軽にどうぞ♪


  

f:id:kubosayoPHOTO:20180925131600p:plain

広告 イメージフォト撮影 - なないろふぉとサロン by さよkubosayoPHOTO